第13回 「市民と造園家の交流会」シンポジウム

未来につなごう 地域の宝

桜切る馬鹿…は真実か?和田博幸氏と
サクラの真実、サクラの将来を語る!

次世代や孫に残したい環境をどう守り育てるか
成功事例とポイントを“桜”の伐採・更新に学びます

2017.5.12 ㈮ 14:00-17:00
日比谷コンベンションホール・大ホール(日比谷図書館内)

cpd
ポイント数/2.5
日時:2017年5 月12日(金)15:00~18:00
場所:日比谷コンベンションホール・大ホール(日比谷図書館内)  同時中継:大阪、仙台、札幌
参加費:無料 ※どなたでも参加できます
基調講演 和田 博幸 氏(公益財団法人 日本花の会 主幹研究員、樹木医)
【パネルディスカッション】

コーディネーター:石井 匡志 氏(一造会幹事、博士(農学)、樹木医)

パネラー:
和田 博幸 氏((公財)日本花の会 主幹研究員)
天白位刀尾 氏(座間市民「緑道のサクラの植え替え」の事例)
槇  重善 氏(横浜市青葉土木事務所 所長、「駅前サクラ並木の再整備」の事例)
橋場真紀子 氏(弘前市公園緑地課・弘前公園・チーム桜守、樹木医、弘前方式の事例)
坂元 博明 氏(一造会常任相談役、樹木医、墨堤の桜の保全で「桜の間引き」の事例)


>>「一造会 第13回 市民と造園家の交流会」詳細はこちらから(PDF)

                                                                                                                


後援:
(公社)園芸文化協会、NPO屋上開発研究会、(一社)鹿児島県造園建設業協会、(一社))神奈川県造園業協会、(一社)京都造園建設業協会、(一社)熊本県造園建設業協会、(一社)群馬県造園建設業協会、(一財)公園財団、(一社)埼玉県造園業協会、(一社)静岡県造園緑化協会、(一財)自然公園財団、全国女性造園技術者の会、(一社)東京都造園緑化業協会、(公財)都市防災美化協会、(公財)都市緑化機構、(一社)長崎県造園建設業協会、(一社)長野県造園建設業協会、長野県造園施工管理技士会、(一社)新潟県公園緑地建設業協会、(公財)新潟県都市緑花センター、(一社)日本植木協会、(一社)日本運動施設建設業協会、(一社)日本花き卸売市場協会、(公社)日本家庭園芸普及協会、(一社)日本公園施設業協会、(一社)日本公園緑地協会、(公財)日本自然保護協会(NACS-J)、(一社)日本水景協会、(公社)日本造園学会、(一社)日本造園組合連合会、(一社)日本造園建設業協会、(一財)日本造園修景協会、(公財)日本花の会、(一財)日本花普及センター、日本ハンギングバスケット協会、日本みどり環境リサイクル協会、(一財)日本緑化センター、(一社)北海道造園緑化建設業協会、NPO緑の大地会、(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会

協賛:
(一財)公園財団、アゴラ造園㈱、長野県造園施工管理技士会、㈱アティ、(公社)雨水貯留浸透技術協会、加勢造園㈱、㈲㟁農園、湘南造園㈱、㈱昭和造園、㈱ダイショーフォレスト、㈱高橋植木、東洋緑化㈱、(一社)長野県造園建設業協会、西泉㈱、日産緑化㈱、(一社)日本造園組合連合会、(一社)北海道造園緑化建設業協会、NPO緑の大地会、㈱苑友造園、松竹園㈲、㈱NIPPO、㈱富士植木、㈱牧山、㈱柳島寿々喜園