2017年9月1日の選考委員会の結果、応募14作品から下記の通り、5作品を入賞作として、選考いたしました。

 

■大賞

土地の歴史と自然を活かした公園整備
   宮原 一道氏、塩井 景介氏、中林 優季氏、矢島 大士氏(西武造園㈱)
 
 

■優秀賞

佃公園整備における立地条件や施工目的を考慮した技術提案施工
   上野 温氏、田嶌 直氏(㈱富士植木)
 
史跡神泉苑善女龍王社浮島の修理
   森寺 善昭氏、勝山 禎彦氏(花豊造園㈱)
 
 

■特別賞

城跡の里山管理
   加藤 晃司(㈱アティ)
 
理想の公園プロジェクト:PAL PARKのプロトタイプ造り
   野林 太郎氏、益野 洋一(㈱富士植木)

 

講評等の詳細は、追ってご報告いたします。