天然素材の活用、自然との調和など、持続可能な地域づくり、
グリーンインフラなどに貢献する最新の資材・製品・技術をはじめ、
注目の「街路樹の樹冠拡大」による東京都の環境対策を紹介します。


◆日 時 2019年7月19日(金) 13:00~19:30(12:30開場)
◆会 場 清澄庭園「大正記念館」 (東京都江東区清澄2.3丁目、☎03-3641-5892)
◆会 費 正会員・賛助会員3,000円、一般4,000円(交流会・軽飲食込み)
◆定 員 150名 先着順(例年お申込多数。お早目のお申し込みをお願いいたします)
◆申 込 氏名、連絡先住所、TELを明記、事務局へFAX、E-mailで受付
◆造園CPD 6.0単位

【発表】
フルボ酸を使用した国産材土壌改良材「DWファイバー」 大建工業㈱
天然無公害木材「エステックウッド」             江間忠ソレックス㈱
「自然と人が調和するコンクリート」~地面を取り戻す~ ㈲長岡生コンクリート
路面温度低減舗装 「クールブロックペイブ ®」認定制度   エスビック㈱
石造物の修復・保存                  ㈲新成田総合社
天然芝育成システム「グローライト」           西尾レントオール㈱
底面給水タイプの施設向けプランター            ㈱リッチェル
【特別講演】
東京都における街路樹の取組みとこれから ~街路樹の樹冠拡大による環境対策~
                 東京都建設局公園計画担当部長 細川 卓巳



■開催案内→2019技術発表会開催案内0615
2019技術発表会開催案内0616_ページ_1